シングルマザーになって子育てをして痛感したこと。それは時間。

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

もともと離婚前だって夫は子どもを見てくれるようなひとではなかったし、わたし自身言ってもムダだとあきらめてしまっていたのはいけなかった面もあるなと反省はある。

でも離婚したことに後悔はない。子どもへの申し訳ないという気持ちとはまたべつの問題。

わたしは普通に(?)外でも働いているし自分自身で副業というものもしている。ぶっちゃけ雇われてもらう給料だけでやっていけるならそっちの方が絶対楽だし、自分一人なら組織の中であああああああとブツブツ言いながらでもそれなりのものを稼ぐことはできるだろう。

でもわたしはシングルマザーだ。自分の働き方については離婚を考え出したころから真剣に考えた。それにうちは子育てがすんなり問題なくすすんでいるわけではないので、正社員でバリバリ働くのは正直言ってしんどかった。ずっと独身ならまさにバリキャリだったかもしれない。

子どもたちのことを考えるとなるべくここぞという時は家にいれる就業形態がベストだと考えた。しかし、メンヘラのわが子と一日家にいるのはわたしには無理だった。子どもを産んで、子供と離れる時間がほしいと保育園に子どもを入れて働くお母さん。感覚的にはそんな感じだろう。

しかしわたしはとうとう真剣に独立を考え出した。家に一日いるのがしんどくても。厚生年金が欲しくても。なぜならなんだかんだ言ってお母ちゃんは忙しい。仕事の日も休みの日も関係ない。いつだって忙しい。

スポンサーリンク

シンママだろうとシンママでなかろうとみんな与えられた時間は同じ・・・のはず。

夫が子育てに協力的なら自分の時間をもっと持てるのかもとかそんなことはもはや関係ない。なにしろわたしには旦那なんかいないし、何もかも自分でしないといけない。お母さんでありお父さんでもある。

わたしが精いっぱいの愛情を子どもたちに与えるには限りある時間をとにかく上手く使わなければならない。

これがクセモノで、自分の中のタイムスケジュールは簡単に崩れ去る。これって子供が大きくなってもいっしょじゃなかろうか。うちは特にそうなんだろうか。

子どもたちが自分の意志でわたしから離れているときはある意味わたしは自由だ。でも子どもたちが子どもたちの都合で気分でわたしにちょっかい出してくるならそのときは完全にそっちを向かないといけない。

今はそんな時期なんだ。わたしはやっと覚悟を決めた。

とにかく合理的に。省ける時間は徹底的に省く。なんだかんだいろいろなことに時間を取られる。

洗濯ひとつでもたかだか3人分なのになんでこんなに時間かかるかなぁとか。日曜は回す量が多いので仕方ないんですが、なんかグダグダしてしまうのでどうしたらいいかなぁと。朝一のボケーっとした時間ならグダグダしててもまぁ許せるかなとか。

少しでも合理的に削れるところは削りたいです。

極論朝早く起きるのが一番早道なのか?

わたしおととしくらいまでは朝早く起きれてたんですが、離婚して今の家に引っ越してからだと思うんですが

まったく起きれなくなった。

んですよね。目は覚めるんですよ。覚める時もある。でも起きれない。

なんなら夜も起きてられない。本当に眠くて眠くて仕方ない。冗談抜きで眠眠打破も役立たずです。

理由は簡単できっとすごく体も心も疲れてるんだろうと思う。朝子どもたちを起こすだけでもすごく疲れるし、学校行かなかったら仕事行く前にもう屍。仕事して帰ってから学校に行くこともあるし、電話なんかしょっちゅうだ。

そう、ほかのお母さんがしてないことをわたしはしている。疲れないわけがない。学校なんか普通は参観日や面談の時しかいかない。週に何回も行くところじゃない。

さらにわたしは副業(いや、ほんとはこっちが本業のはずなんだが)なんかしちゃってる。家にいるからって休んでいれるわけじゃない。自分で選んだことだから後悔はないけど、ヒマではないのは間違いない。

一応土日祝は外での仕事は休みだけど、この日に自分の仕事をどれだけできるかがミソなんですが子どもたちと出かけたりすることが多く、なかなか自分の中の予定通りにはいかないです。

計画を立てるのも本当は細かくプラン立てして進捗によって修正しながらやりたいけどほぼほぼプラン通りに行かないので、プランの立てかたもまったく変わりました(笑)ゆるくざっくりにしておけば予定通りに進まなくてもそこまで落ち込まないし。

子どもたちが確実に寝ている時間なら自分のペースでできるし、洗濯しながら最低限の仕事はできるはず。そう、できなくなっている早起きをするのが解決策と思われる(笑)

なのでわたしはまず朝なんとかして起きてみようと思います。朝ごはんをオシャレご飯は継続なのでベストは4時かな・・・。

この仕事もいかに効率的にこなすか・・・それが今一番の課題です。
シングルマザー日記ブログランキングはこちら

スポンサーリンク

フォローする