ブログ村のシンママブログランキングで1位に!ありがとうございます!

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

えええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ!!!!!

まままままままままままさか!!!!!!


シングルマザー日記ブログランキングはこちら
いいいいいいいいいいいいいいいいいい1位!!!

瞬間的なのもものでも

イヤ、ホンマうれしい。なんかうれしい。

こんな黒い気持ちにまみれて押しつぶされそうになっているわたしの文章を読んでくれる人がいる・・・なんだかとても励まされます。

ありがとうございます!

スポンサーリンク

すぐ近くにいなくても同じようなことで悩んでいる人がいるということだろうか

一人だけ子供が学校に行かないことについて話せる友達がいます。なぜなら彼女も学校に行かない子の親だから。

別の記事でいただいたコメントにもものすごく励まされました。

基本的に人に言えない。わかってもらえない。そう思っていたので。

誰にも言えないからここに書き始めました。想いを言語化するのは抵抗と吐き出したいという気持ちと半々で最初は楽な作業ではありませんでした。でも、王様の耳はロバの耳じゃないですけど、どこかに吐き出さないとわたしはどうにかなりそうだったんです。

ここに書き出してからは

  • こんなことを書いて批判されるんじゃないか
  • 親が悪いと責められるんじゃないか

そう思って怖かったです。今でも書くたびに怖いという気持ちがあります。それでも書いちゃってますけど。

子どもが学校にちゃんと行ってる人からすれば

  • 学校にいかないのはなんで?
  • どうして行かないの?

こういう返しが返ってきます。そこに悪意があろうとなかろうと、いわれる方からすれば言葉の暴力でしかありません。そして言われた方は静かにしっかり傷つきます。

しっかり傷ついた結果、わたしは想いを言葉にできなくなりました。

今後もほどほどに吐き出していきます

時々は楽しいことや、いっぱい笑ったよ!っていう記事も書きたいです。

実際笑ってないわけではなく、きっといいこともたくさんあるはず。見え方を変えてしまうのは自分自身だと思うので、この先子供たちがどうなるかわからないけど見える景色がいいものになることを願います。同じ景色でも、受け取り方ひとつで見え方はまったくちがうものになってしまうと思うので。

ほどほどに前向きで明るいわたしでいたいです。しかし頑張り過ぎません!
シングルマザー日記ブログランキングはこちら

スポンサーリンク

フォローする