シングルマザーに限らず黒い気持ちはだれかに吐き出そう

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

市販薬がぶ飲み騒動からこっち。もうわたしのメンタルはグダグダです。

何を思ったか知らんが、市販の風邪薬をビンの三分の一ほど一気に飲んだ長女。 早めの○○○○。 頭がフワフワすると言い出し話...

長女は今日も起きないなー。2回起こしに行ったけど、起きてこない。まぁいいや。うんざりしても、仕方ない。

二女はもっと私を見て!!!と反逆中。姑のところに勝手に行ってしまった。迎えに行ったけど帰ってこない。

わたしの不徳の致すところかという結論に毎回行くんだけど、もうこれ以上できないくらい一生懸命やってるんだよ。もうしんどい。これ以上どうすればいいんだ。

そんなこんなの中、小学校の教頭先生とお話ししてきました。

朝は鬱々としてたけど、話終わった時にはだいぶ楽になりました。

スポンサーリンク

結論:誰かに黒い気持ちをはきだすのは必須

考えても考えてもループに入って答えは出ない。最終的に相手は子どもだから、大人の自分がちゃんと導かないといけない。そうなると、自分を責める感じで毎回終わる。

その一方で私だけのせいにしないでよ!と叫びたくもなる。

教頭先生と話しをしたあと、もう一度二女を迎えにいったが(昨日の夜も行った)、いっしょには帰って来なかった。まったくもってしんどいことこの上ない。彼女のことを考えてした行動がまったく逆効果。やれやれ。

誰かに話を聞いて欲しいけど、誰にでもは話せない。専属のカウンセラー欲しい、マジで。

これが子育ての難しさなのか?

とりあえず、子供は愛情をこれでもか!と欲しがっているのはわかった。

そしてそれを伝えるのが思った以上に難しい。

最近パソコンばっかりさわってるから、肩こりがすっごい。なんかサプリでも買いに行こう。

おしまい。
シングルマザー日記ブログランキングはこちら

スポンサーリンク

フォローする