離婚届を出してシングルマザーになった日のタイムスケジュール

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

離婚届をだしたのは2017年7月中旬のあの日(遠い目)

離婚を切り出してからひと月ほどでのスピードで離婚の手続きをするところまで至りました。

まぁ離婚を切り出す前からせっせと断捨離をしたり、地味に準備は始めてたんですけどね。

離婚届を出したあの日・・・もう2か月前です。ずいぶん時間がたった気がします。夏休み、なんやかんやバタバタしてましたねー。

忘れてることも多いかと思いますが、備忘録もかねて記録しておきたいと思います。

スポンサーリンク

離婚届を出した日はとんでもなく過密スケジュールだった

あの日は小学校と中学校で懇談があった。連休前で、連休中に引っ越ししたかったこともあり、その日に届を出すことにした。

①朝一で最寄りの支所に離婚届を提出。

この時にできる手続きはしてしまおうということで、転居届を出し、児童手当の振込先の変更手続き、ままんの戸籍を作る手続き・・・はここだったっけ?(離婚して夫の戸籍から出ると、もとの戸籍に戻るか新しく作るか選びます。ままんはもとの苗字には戻さなかったので新しく戸籍をつくりました。)

②二人で銀行に行って養育費の自動送金の手続き

相手側の給料日だったこともあり、初回分は現金でその場でちょうだいしたかな?翌月分からの送金手続きをしました。銀行も案外時間かかりますよねー。

③中学校に行って三者懇談

受験生の三者面談。このころは長女は不登校再びで、すでに欠席日数がまぁまぁかさんでいてメンヘラ気味の彼女には厳しめの言葉も。しかし高校に行きたいのなら避けては通れない受験。この日から不安定さがまた加速し、ままん、参る。

④新居に行ってガスの手続き

引っ越し前日にガスの手続きがあり、新居で待つ。まだエアコンもついておらず、扇風機もなくとにかく暑かった。拷問のようだった。そんななかで、荷物をついでに運び込んだり、床を水拭きしたり。

⑤本庁(市役所)に行く

支所ではできない手続きを本庁で。

母子家庭手当の申請。母子医療の申請。学校の学費の支援の申請は前もって準備していたので学校に提出したが、気になることがあり教育委員会に聞きに行った。

母子家庭手当は引っ越しが完全に済んだあとじゃないとダメと言われ、門前払い。母子医療も新しい保険証が来てからだったかな?あまりできることはなかった。

⑥小学校で二者面談

先生に離婚することは前もって伝えてはいたが、この日今日出してきたと報告。先生、ビビる(笑)

⑦家に帰り、引っ越しの準備。

たしか晩ご飯はばあさまが用意していたような。焼肉っぽかった。しかし・・・

⑧夕方、食器棚と冷蔵庫が配達されるため新居でこれまた待つ

食器棚と冷蔵庫は中古で購入。引っ越し同日に運びこむのはスケジュール的に難しいかと前日に配達してもらうことにした。これまた夕方とはいえ暑い中空調もないなかでまったがなかなか来ない。床をこの時もせっせと拭く。40分は待っただろうか。業者から遅れると連絡が入る。はぁー??となったが、どうせ掃除もしなきゃいけなかった。ハイハイと待ち、なんやかんや終わった時にはもう20時前だったような・・・。

⑨帰った後も地味に引っ越しの準備

たぶんまだ荷物を段ボールに入れ切ってなかったと思う。さいごの段ボールは本当にポイポイ残っていたものを放り投げた気がする(笑)そして次の日の引っ越しの決行に続く。

いいね!ブクマ等していただけたらめっちゃ喜びます!最後に1ポチお願いします☆
シングルマザー日記ブログランキングはこちら

スポンサーリンク

フォローする